仙台空港、午後10時まで運用30分延長 地元同意後初

仙台空港

 仙台空港(名取市、岩沼市)を運営する仙台国際空港は2日、空港の運用時間を7月1日から午前7時半~午後10時に変更し、現行(午前7時半~午後9時半)より30分長い14時間30分にすると発表した。2月10日に宮城県、名取、岩沼両市が空港運用の24時間化に同意する覚書を締結したことを受けた運用時間の変更は初めて。

 同社によると、名取、岩沼両市の同意とアイベックスエアラインズ(東京)の札幌発仙台行き定期便の運航時刻変更計画を受け、国土交通省東京航空局に運用時間変更の要望書を提出。4月2日に航空局から確認結果の通知を受け、運用時間変更が決まった。

 運航計画は運用時間終了の30分前までとされており、アイベックスは仙台に午後9時に到着する定期便を午後9時半到着に変更する運航計画を提出していた。

 仙台国際空港は「空港24時間化に地元から同意を頂いた一歩目として、運用時間延長が実現することは意義深い。既存路線の増便や新規路線誘致に一層注力していく」とコメントした。

 ターミナルビルの開館時間(現行午前6時10分~午後9時30分)は7月1日から午前6時10分~午後10時に変更する。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る