しょくば拝見>お菓子問屋・大橋商店(石巻市穀町)

店内に所狭しと並んだ商品と大橋専務(左)ら

<縁日、イベントを支える>

 創業80年近くになる老舗のお菓子問屋。JR石巻駅近くに店舗と倉庫を構え、駄菓子や縁日向けの玩具、花火などを幅広く扱う。

 取り扱う商品は2000種類以上。石巻市内の商店など約100店に商品を卸すほか、袋や箱売りで一般にも販売する。店内には駄菓子やおもちゃがぎっしりと並び、気軽に「大人買い」ができるのも魅力の一つだ。大橋新弥専務(47)は「人気のキャラクターなど年によってはやりがあるので、子どもたちに喜んでもらえる物を取り入れるようにしている」という。

 川開き祭りの前夜祭や地域ごとの祭り、運動会などでは花火の打ち上げを担う。社員5人が必要な資格を持ち、会場への搬入から打ち上げまでを一手に引き受ける。

 イベント会場で目を引くエアートランポリンやエアーアーチ、ミニSLといったリース商品も同社ならでは。エアートランポリンは直径5~8メートルの4種類があり、エアーアーチはマラソン大会や道路の開通式などで活躍する。

 東日本大震災では店舗が津波で浸水したが、約1週間後に営業を再開。市から避難所で菓子類を配布したいと要請を受けた際は、無事だった商品を提供した。

 家族経営で長年地域に愛され、地元を中心に各種催しを支えてきた。大橋専務は「何十年も商売をさせてもらっている地元のため、これからも祭りやイベントを盛り上げたい」と話す。

■会社概要
 1946年に大橋光一社長の父新次さんが創業した。社員は7人。資本金2350万円。店舗・倉庫は石巻市穀町10の49、午前9時~午後5時。不定休。配送センターは同市須江関ノ入197。0225(93)2221。

駄菓子卸販売 大橋商店

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 組み合わせ表

先頭に戻る