石巻マンガロードに新モニュメント ロボット刑事Kと芝刑事

新たに設置された「ロボット刑事」のK(右)と芝刑事のモニュメント=石巻市中央2丁目

 JR石巻駅から石ノ森萬画館(石巻市中瀬)までの街中にある通称「石巻マンガロード」に故石ノ森章太郎さん(登米市出身)作品の人気キャラクターをデザインした2体のブロンズモニュメントが新たに設置された。2日から公開されている。

 仲間入りしたのは「ロボット刑事」の主人公「K」(高さ40センチ)とベテラン刑事の芝大造(30センチ)の2体。ともに中央2丁目の旧内海橋たもとにある広場に設置された。

 素材は青銅で、台座には地元産の稲井石が使われている。物語の中のように2人がタッグを組んでいる姿が特徴的だ。

 石ノ森萬画館を運営する街づくりまんぼうの苅谷智大さんは「作品のファン同士がつながり、石巻の活性化になることを期待している。地元の子どもたちにも見てもらい、身近な場所に地域の誇りがあることを知ってもらえたらうれしい」と話す。

 ブロンズモニュメントの設置は、街全体を美術館に見立てて街づくりまんぼうが掲げる「マンガッタンミュージアム構想」の一環。これまでに「仮面ライダー1号&2号」(市かわまち立体駐車場敷地内)など5体を設置しており、今回で7体になった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 勝ち上がり表

企画特集

先頭に戻る