気軽に立ち寄って 道の駅・上品の郷にフードコート、地元2社入居

種類豊富なメニューが楽しめるフードコート。座席の配置も工夫した

 石巻市小船越の道の駅「上品の郷」のレストランスペースが4月23日、リニューアルオープンした。道の駅運営会社の直営レストランからフードコートに生まれ変わり、テナントとして地元2事業者が入居。幅広いメニューが楽しめる「食の広場」として、さらなる集客を図る。

 入居したのは、道の駅の屋外スペースで営業していた「食事処こばやし」と、市内外で飲食店7店を経営する「宮城実業」(石巻市大森)の「ダイニングたまり場」。

 こばやしはラーメンやそば、うどんといった麺類のほか、同市相野谷の本店の名物で、ご飯物と麺類がセットになった「ちょうちん定食」を用意。昔ながらの味を提供する。

 たまり場は天ぷらや定食、ラーメン、ピザ、石焼きビビンバ、デザートなど豊富なメニューがそろう。観光客に人気の地元食材を使ったご当地グルメも充実させていく。

 ゆったりと食事を楽しんでもらえるよう、内装も工夫した。子ども連れに配慮した小上がり席を新設。視線が気にならないよう座席の一部に間仕切りを設け、パソコン作業に使えるコンセントを取り付けた。直売所や売店で購入した物の飲食スペースとしても利用できる。

 同駅を運営するかほく・上品の郷管理本部の葛原(かつらはら)明部長は「子どもからお年寄りにまで喜んでもらえるメニューがそろう。気軽に立ち寄り、憩いの場として利用してほしい」と話した。

 営業時間は、こばやしが午前10時~午後6時、たまり場は午前10時~午後8時。

道の駅 上品の郷 - 石巻

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

第68回春季東北地区高校野球
宮城大会 勝ち上がり表

企画特集

先頭に戻る