<羽ばたけイーグルス>救援陣安定、防御率2.55 躍進支える

 東北楽天の救援陣が安定感を発揮し、首位に立つチームを支えている。救援陣の防御率は2・55、失点35で上位争いを繰り広げるソフトバンクと遜色ない。石井監督は「ちまたでは先発が評価されているが、バトンを渡されたリリーフ陣も仕事ができている」と躍進の要因に挙げる。

 主な救援投手の成績は表の通り。抑えに復帰した松井がリーグトップの9セーブを記録し、盤石の活躍を見せる。勝ちパターンの七、八回を主に任されている宋家豪、酒居は開幕から負けなし。福山は登板11試合で無失点と完全復活を印象づける内容だ。

 先発投手が早々に崩れ、イニングをまたぐ救援には先発経験のある安楽や西口を起用。開幕当初は要所で登板した牧田、渡辺佑は2軍で再調整しているが、今季17勝13敗7分けのうち救援陣が黒星を喫したのはわずか1試合だった。先に点を奪った19試合は、先発を含めた投手陣が奮闘し、13勝3敗3分けと高い勝率を誇っている。

 継投が決まった象徴的な試合が、3日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)。昨季王者から鮮やかに今季初勝利を挙げた。1-3の五回に3点を奪って逆転し、先発滝中から六回以降は福山、宋家豪、酒居、松井でつないだ。石井監督は試合後に「勝ちパターンのリリーフをつぎ込んで一気にうまくいけた」と振り返った。

 指揮官は先の戦いを見据えて救援投手が登板過多にならないよう、登板間隔や球数にも気を配る。「基本は2連投までで、球数は1試合20球が一つの境目。シーズンは長丁場なので、選手がうまく回るプランをつくっていきたい」と語る。
(佐々木智也)

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る