FAQ

<東北の本棚>宿敵政宗との攻防描く

奥州戦国に相馬奔(はし)る 近衛 龍春 著

 相馬野馬追の古里、福島県相馬地方。この地を治めた戦国大名・相馬義胤(よしたね)の生涯を、豊富な史料を基に描き出した長編歴史小説。著者が2012年に別名で刊行した作品に大幅加筆した。義と名誉を重んじる義胤のリーダーシップに引かれる物語だ。

 6万石を有する相馬

残り 636文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。


企画特集

先頭に戻る