ベガルタ、意地のドロー

仙台―C大阪 後半34分、蜂須賀の左クロスに仙台・マルティノス(手前)が右足で合わせ同点ゴールを決める(山本武志撮影)

 第17節最終日(30日・ユアスタ仙台ほか=9試合)仙台は終盤に追い付きC大阪と1-1で引き分けた。順位は変わらず17位。

 仙台が追い付き、引き分けに持ち込んだ。0-1の後半34分、蜂須賀の左クロスを途中出場のマルティノスが合わせて同点とした。前半から互角の戦いを繰り広げたが、徐々にペースを握り始めたC大阪に後半8分、セットプレーから先制を許した。終盤はGKスウォビィクの好セーブなどで攻撃をしのいだ。

仙台 1 0-0 1 C大阪
     1-1

▽得点経過
 後8分 0-1 チアゴ(1)

 後34分 1-1 マルティノス(3)
▽観衆 8,346人

河北新報のメルマガ登録はこちら

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る