全日本大学選手権あす開幕 石巻専修大硬式野球部、4年ぶり出場

石巻への感謝を胸に選手宣誓に臨む門脇主将

 7日に神宮球場(東京)などで開幕する「第70回全日本大学野球選手権記念大会」に、石巻専修大硬式野球部(石巻市)が4年ぶりに出場する。南東北大学野球春季リーグを8勝2敗で制し、5度目の全国大会出場を決めた。優勝は秋季リーグを含めると2017年春以来7季ぶり7度目。今年は東日本大震災の発生から10年。節目の年に地域に勇気と活力をもたらそうと、大舞台に臨む。

 公益財団法人全日本大学野球連盟などが主催し、全国26連盟の代表27チームが出場する。トーナメントで優勝を争い、大学野球日本一を決める。1、2回戦を神宮球場と東京ドームで、準々決勝からは神宮球場のみで行われる。決勝は13日午後1時からの予定。開会式は7日午前8時15分から神宮球場で、石巻専修大の門脇瑠太主将が選手宣誓を務める。

 石巻専修大の初戦は7日、神宮球場で午前9時開始予定。3年ぶり7度目出場の阪神大学野球連盟代表、天理大(奈良県天理市)との開幕試合に臨む。

■酒井健志監督/チーム一丸で勝利をつかむ

 東日本大震災の発生から10年という節目に、南東北連盟の代表になれたことを誇りに思う。選手一人一人が大きな責任を負っている。全国大会での活躍を、一日でも長く石巻に届けられるように戦う。

 新型コロナウイルスの影響で練習が思うようにいかず、一時は焦りもあった。だが「今できることを積み重ねていこう」と、課題を一つずつクリアしてリーグ戦に臨んだ。開幕から粘り強さを武器に、執念で勝ち上がることができた。

 序盤から全力を出し切り、相手に勝る気迫で主導権を握りたい。4年前の成績を超える2勝を上げ、ベスト8に入るのが目標。少ないチャンスをものにし、バッテリーを中心にチーム一丸で戦いたい。

■門脇瑠太主将/石巻への感謝伝えたい

 「自分にできることを一つ一つやり切る背中を見せてチームを引っ張りたい」。春季リーグ優勝決定戦の九回、だめ押しとなった一打を「仲間に打たせてもらった」と振り返る。ともに社会人野球を目指す同期や次世代を担う後輩への思いを胸に、全国への闘志を燃やす。

 昨年12月、学内で1人が新型コロナウイルスに感染した影響で、部は約2カ月間の自粛を余儀なくされた。活動再開後、練習外でもノックやティーバッティングに打ち込む仲間が自然と集った。「逆境をひっくり返してやろう」。決意は全国出場という実を結んだ。

 「いいプレーを少しでも多く重ねて、地域を元気づけられる報告がしたい。泥臭い野球で一試合でも多く戦う」と力を込めた。開会式では選手宣誓を務める。野球を通して勇気と笑顔を届ける決意、そして石巻への感謝を伝える。

石巻専修大硬式野球部

石巻専修大硬式野球部のメンバー

監 督 酒井 健志

〔名前、学年、出身高校の順。主将には◎〕
投 手 清水  駿(4年)秋田・能代松陽
    斎藤 智哉(4年)山形・米沢中央
    本間 琉斗(4年)山形城北
    小野 晃輝(3年)宮城・仙台育英学園
    渋谷祐太郎(3年)宮城・築館
    渡辺  京(1年)新潟・日本文理
捕 手 角田 麗斗(3年)岩手・専修大北上
    鈴木 翔大(3年)福島商
    大沼 駿斗(1年)宮城・東陵
内野手◎門脇 瑠太(4年)山形・九里学園
    上田 恭脩(4年)熊本・専修大玉名
    小林 純也(4年)宮城・聖和学園
    西野 恵太(4年)宮城・東陵
    高橋  豪(3年)岩手・一関学院
    菅野 雅也(3年)宮城・仙台育英学園
    小川 泰世(2年)宮城・東陵
    瀬野 真生(2年)群馬・市立太田
    只野 一騎(1年)秋田・ノースアジア大明桜
外野手 岩谷 英旺(4年)福島商
    伊藤 将志(4年)岩手・専修大北上
    目黒  司(4年)宮城・東陵
    斉藤  海(4年)新潟・中越
    半沢 智章(4年)福島西
    作山 瑞季(3年)青森・八戸学院光星
    阿部  樹(3年)岩手・専修大北上
学生コーチ 茂木 優悟(4年)群馬・市立太田
マネジャー 金子 敦也(3年)群馬・市立太田

春季リーグを振り返って

 南東北大学野球春季リーグは、4月10日にいわきグリーンスタジアムで開幕。6チームによる2回戦総当たりの勝率で優勝を争った。

 石巻専修大は開幕戦から連勝し、順調なスタートを切った。優勝の本命とされていた東日本国際大が新型コロナウイルスの影響で出場を辞退し、全国出場は堅いかと思われた。しかし第5週で福島大に苦杯を喫し、8勝2敗で並ぶ日大工学部とリーグ制覇を懸けて激突した。

 郡山市の開成山野球場で行われた優勝決定戦では、序盤に3点を奪い、主導権を握った。5-2で迎えた九回2死二、三塁で主将門脇が左前に運び、2点を挙げてだめ押し。全国切符を勝ち取った。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください
先頭に戻る