大街道に放課後デイサービス開所 石巻地方で20カ所目

開所お披露目式であいさつする三川代表理事

 軽度、中度の障害(知的、精神)がある児童生徒の居場所づくりとして「放課後等デイサービス べりるらんど」が石巻市大街道3丁目に開設された。現地で5日、開所式があった。石巻地方の放課後等デイサービス事業所は、これで20カ所目。

 一般社団法人「豊結苑(ほうゆうえん)」が運営する。音楽を活用したレクリエーションや美術系の創作活動などを取り入れ、利用する児童生徒の情緒安定と成長を目指す。施設内にはホールの他、食事室や面談室、シャワー室などを配置した。

 土地、建物は同法人理事で、自身も足に障害がある川元豊さん(73)=同市大街道3丁目=が寄贈した。「小学の頃から多くの方々に助けられてきた。恩返しになればと考えた」と話す。

 開所式には市、福祉関係者、地域代表ら30人が出席した。三川小夜子代表理事は「障害がある子どもたちに還元できるよう、スタッフ一同、努めていく」と意気込みを語った。

 利用者を募っている。連絡先は「べりるらんど」0225(28)7359。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください
先頭に戻る