萬画館の開館20周年祝おう あすから記念イベント

記念グッズやセレモニーなどを行うフェスティバル・ウイークのポスター

 今月23日で開館20周年を迎える石ノ森萬画館(石巻市中瀬)は、17日から25日にかけて、開館記念イベント「マンガッタン・フェスティバル・ウイーク」を開催する。期間中は全国のファンや地域住民に感謝を伝え、共に祝うセレモニーをはじめ、記念グッズの販売や、カフェの人気メニューが復活する。

 初日はパーティー衣装に身を包んだサイボーグ戦士のカードがもらえるスタンプラリー(9月20日まで)が始まり、3階のカフェ「BLUE ZONE」では、009のコスチュームからイメージした「島村ジョーの加速ソーダ」が7年ぶりに販売される(25日まで)。

 17日午後7時半ごろからは、萬画館の壁をスクリーンに、堤防側から映画を観賞する「かわべでシアター」を開催。「サイボーグ009 超銀河伝説」(1980年公開、130分)が上映される。

 声優山寺宏一さん(塩釜市出身)による公式音声ガイドも17日から利用できるほか、パーティー衣装をまとったサイボーグ戦士のアクリルスタンドやキーホルダーなどの記念グッズを販売する。

 20周年を迎える23日は萬画館の歩みを振り返る新聞が午前9時から配布されるほか、特別デザインのチケットファイルを販売。午前9時40分には西中瀬橋から萬画館まで石巻小児童による鼓笛隊パレードがある。

 午後3時からは同市中央2丁目の市かわまち交流センターで、特別トークショー「石ノ森萬画館が石巻にできたワケ」が開かれる。

 連絡先は0225(96)5055。

開館20周年 - 石ノ森萬画館

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球宮城大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る