「レークイン十和田」破産開始決定 土産品小売業、負債1億4000万円

 青森県十和田市の土産品小売業レークイン十和田は17日までに、青森地裁十和田支部から破産手続き開始決定を受けた。破産開始決定は6日付。帝国データバンク八戸支店によると、負債額は約1億4000万円。

 1976年に創業し、十和田湖畔で旅館「十和田館」や食堂「とちの茶屋」など4店舗を経営していた時期もあった。宿泊客の減少に伴い2007年に旅館を閉鎖し、食堂だけの営業を続けていたが、新型コロナウイルス感染拡大で経営が行き詰まった。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る