県議補選 石巻・牡鹿区、池田氏出馬へ

 任期満了(11月20日)に伴う知事選との同日選が見込まれる県議選石巻・牡鹿選挙区(定数5、欠員1)の補欠選挙で、自民党元県議でタクシー会社経営池田憲彦氏(68)が立候補する意思を固めたことが6日、分かった。8日に記者会見して正式表明する見通し。

 関係者の一部に出馬の意向を伝えた。池田氏は三陸河北新報社の取材に「石巻地方の産業振興や新型コロナウイルス対策に取り組みたい」と答えた。

 池田氏は石巻市(旧河南町)出身。明治大卒。1997年の県議補選で初当選し、通算4期。2015年の県議選で落選し、19年は出馬を断念していた。

 補選は、斎藤正美石巻市長が3月、4月の市長選への立候補のために県議を辞職したことに伴う。任期は23年11月12日まで。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る