宮城知事選 あす告示、31日投開票 現・新一騎打ちに

 任期満了に伴う宮城県知事選(31日投開票)は14日に告示される。衆院選(19日公示、31日投開票)と同日選となり、県政界最多に並ぶ5選を目指す現職の村井嘉浩氏(61)に、元石巻市包括ケアセンター所長で医師の新人長純一氏(55)が挑む。村井氏は自民、公明両党と連動して選挙活動を展開し、長氏は村井県政に対する批判票などの取り込みを図る。

 村井氏は8月20日、出身母体の県議会自民会派の会合で立候補を表明した。東日本大震災からの復興完遂や新型コロナウイルス対策、本格的な人口減少に対応できる社会づくりを訴える。仙台医療圏の4病院が絡む再編構想の実現に取り組む。14日は気仙沼市で第一声をする予定。

 長氏は9月28日に出馬を表明。医療・福祉を重視した県政への転換を主張する。仙台医療圏病院再編、村井氏が「地元同意」を表明した東北電力女川原発2号機の再稼働などを問題視。市民団体、共産党などの野党系県議が支援し、共闘態勢構築を進める。仙台市青葉区で第一声に臨む予定。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る