県議補選 石巻・牡鹿 池田氏後援会、事務所を開設

出馬に向けて決意を語る池田氏

 県議選石巻・牡鹿選挙区(定数5、欠員1)の補欠選挙(22日告示、31日投開票)に自民党公認で立候補を予定する元県議でタクシー会社経営池田憲彦氏(68)の後援会は13日、石巻市大街道北1丁目で事務所開きをした。

 支持者ら約30人が出席。池田氏は、村井嘉浩知事ら多くの人々からの要請があったことを報告。「まだまだ働ける力はある。最後のご奉公として石巻地域の発展のために頑張っていきたい」と、決意を述べた。

 自民党県連幹事長の菊地恵一県議が村井知事のメッセージを代読、衆院選に立候補する自民新人の元タレント森下千里氏(40)も激励した。

 事務所は石巻市大街道北1丁目1の16。連絡先は後日決定する。

 県議補選には新人で元衆院議員の加納三代氏(45)も無所属での立候補を表明している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

秋季高校野球東北大会 勝ち上がり▶


企画特集

先頭に戻る