世界一周の足跡たどるパネル展、30日から 石巻若宮丸漂流民の会

 パネル展「若宮丸漂流民の世界一周」が30日から11月3日まで、石巻市千石町の石巻河北ビル1階・交流ホールで開かれる。

 石巻若宮丸漂流民の会設立20周年記念として、同会と三陸河北新報社が主催し30日に同ビルで開催する「オンラインで結ぶ若宮丸若宮丸漂流民世界一周の旅」の関連イベント。「若宮丸の世界一周解説パネル」や「レザーノフ来航絵巻」(複製)、漂流民が関連する世界各地の写真などを展示する。

 土・日・祝日は午前10時~午後5時、平日は午前11時~午後4時。31日と11月3日にはギャラリートークもある。両日とも午前11時からと午後3時からの2回ずつ行う。入場無料。

 千石船の若宮丸(乗組員16人)は1793年、石巻から江戸に米などを運ぶ途中で遭難。アリューシャン列島に漂着し、乗組員は10年間ロシアで暮らした。このうち4人がロシア遣日使節レザーノフらと大西洋、太平洋を航海し1804年、長崎に到着。日本人として初めて世界一周をした。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る