泉区開票所で票数13合わず 衆院選宮城2区

 31日開票された衆院選宮城2区の仙台市泉区開票所で、確定投票者数と実際の票が異なったため、選管最終が1日午前3時を過ぎても確定しないトラブルがあった。

 泉区選管によると、投票者数と投票総数に13の差があった。置き去りが1票、不在者投票の不受理が7票、不在者投票の封筒に票が入っていなかったものが1票確認されたため、4票を不明票扱いとした。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る