キッチンカー参入の飲食事業者を支援 仙台市、29日にセミナー

仙台市役所

 仙台市は29日、新型コロナウイルスの影響に苦しむ飲食事業者のキッチンカー事業参入を促すセミナーを青葉区の市中小企業活性化センターで開く。市中心部で展開する「キッチンカーマルシェ実証実験」の一環で参加者を募集している。

 若林区で飲食店を経営する「THREE」の三瓶貴司社長が、市内の飲食イベントを中心に年20回以上、キッチンカーで販売してきた経験を踏まえ「キッチンカービジネスのいろは」と題して講演する。出店場所の開拓や営業許可の申請手続きについて助言する。事業参入時の融資制度や相談窓口に関しては、日本政策金融公庫仙台支店と仙台市の担当者が説明する。

 セミナーは午後2時半~4時。定員は50人程度で先着順。希望者は市の実証実験専用ホームページから26日正午までに申し込む。

 市はマルシェ実証実験を8月から月1回ペースで開催し、事業継続の課題を検証する。来年3月のマルシェにはセミナー受講者の体験出店も予定する。

 連絡先は運営事務局のユーメディア022(714)8329。

河北新報のメルマガ登録はこちら
新型コロナ関連

企画特集

先頭に戻る