閉じる

自立的復興へ東北再生共同体を創設(4)四国の備え

 巨大災害は都道府県単体の自治に限界があることを浮き彫りにした。

 東海沖から四国沖の海底に延びる「南海トラフ」を震源とする巨大地震といかに向き合うか。深刻な津波被害が想定される四国が、広域の備えを加速させている。

 高知県南西部の太平洋岸にある黒潮町。内閣府の有識者会議が3月31日に公表した南海トラフ…

残り 1134文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

3.11大震災

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ