コロナ給付金で答弁「できれば全額現金」 石巻市議会

 石巻市議会12月定例会は3日、本会議を開いた。18歳以下に10万円相当を給付する国の新型コロナウイルス経済対策で、5万円分をクーポンで配布する政府方針を巡り、市は「できれば現金給付をしたい」との考えを明らかにした。

 現金5万円を先行給付する経費を盛り込んだ補正予算案は11月24日の市議会臨時会で可決され、市は12月21日に支給を始める予定。市福祉部はクーポン配布に関する国からの説明はまだないとした上で「スムーズに給付でき(子育て世帯が)活用しやすいのも現金ではないか」との見解を示した。

 本会議では市有地の売り払いや工事請負契約の締結など9議案を原案通り可決し、168億2920万円を追加する本年度一般会計補正予算案(累計1056億1379万円)や組織再編の条例改正案など20議案を関係委員会に付託した。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る