石巻中心街で「ビール」醸造 旧映画館の建物活用、文化継承の場に

映写室の小窓(中央上)や丸みを帯びた天井が映画館の面影を残す。現状を生かした整備が進められる
「シネマ1」の入口前に立つ高橋さん。醸造所はこの奥左側になる

 石巻市中心部に、かつて映画館として親しまれた建物を活用したクラフトビールの醸造所ができる。同市の一般社団法人イシノマキ・ファーム(IF)が、自社で生産するホップを使って醸造、販売する。4月末の提供開始を目指す。同市初のクラフトビール醸造所となる。

 醸造所に生まれ変わるのは2017年6月に営業を終えた同市中央1丁目の旧石巻日活パール劇場。1957年のオープンから60年にわたって市民に親しまれた。

 館内に二つある劇場の一つ「シネマ1」(約175平方メートル)をリノベーションして開設する。名称は「ISHINOMAKIHOP WORKS(イシノマキホップワークス)」。年間40キロリットルの発泡酒の醸造を計画する。

 IFは栽培するホップを使ったクラフトビール「巻風エール」を委託醸造で製造販売し、人気を博してきた。醸造所完成後は自社醸造となり、瓶入りに加え、たるでの提供による飲食店需要も視野に入れる。オリジナルラベルや地域の食とのコラボレーションといった可能性も広がる。

 IF代表理事の高橋由佳さん(57)は「石巻は中心部に人が集まるエリアが必要。さまざまな年代の人がここで買ったビールを片手に街なかを散策できるようにしたい」と話す。

 周辺はかつて酒蔵やダンスホールなどがあり、地域の文化をつくってきた場所だ。賃貸物件ではなかったため「他の人が買って、解体されたり、違った形になったりするのは避けたかった」と購入に踏み切った。

 「まず醸造所をスタートさせ、その後で映写室や80の座席も残るシネマ2の活用も考えたい。レトロ感ある整備で地域の文化を継承していきたい」と話す。

 醸造担当には仙南シンケンファクトリー(角田市)で醸造長を務めた岡恭平さんを迎える。IFのホップの特徴を生かした新しい味わいのビールが生まれそうだ。

 隣接する空き店舗では複合エンターテインメント施設「シアターキネマティカ」も今春始動に向け準備が進められている。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る