安田ら4新人が1軍スタート 東北楽天、2月から春季キャンプ

春季キャンプの1軍スタートが決定した安田

 東北楽天は20日、仙台市の球団事務所で監督・コーチ会議を開き、2月1日から沖縄県金武町などで行う春季キャンプの1、2軍のメンバーや練習内容について確認した。新人はドラフト2位の安田悠馬捕手(愛知大)と、5位松井友飛(金沢学院大)6位西垣雅矢(早大)7位吉川雄大(JFE西日本)の3投手の1軍スタートが決まった。

 1軍は投手23人、野手21人の計44人。金武町ベースボールスタジアムで19日まで行う。2軍はうるま市の具志川野球場で21日まで実施する。1、2軍ともに5、10、16日が休日の予定。

 腰の違和感で別メニューが続くドラフト1位の吉野創士外野手(埼玉・昌平高)ら新人6選手(育成3人を含む)は2軍で始動。宋家豪、ブセニッツの両投手はキャンプの第2クールに合流する予定だ。

 新加入のギッテンス内野手とマルモレホス外野手は、新型コロナウイルスの影響で外国人の新規入国が規制されているため、合流時期の見通しが立っていない。石井監督は「今年は熾烈(しれつ)なポジション争いになると思う。若手、中堅、ベテランのみんなが(レギュラーを)取りにきてほしい」と期待した。

キャンプの1軍メンバー

【投手】松井裕、岸、則本、田中将、安楽、早川、弓削、酒居、高田孝、ブセニッツ、内間、宋家豪、松井友、藤井、西垣、津留崎、高田萌、鈴木翔、滝中、西口、吉川、王彦程、小峯
【捕手】炭谷、田中貴、安田、堀内
【内野手】小深田、浅村、鈴木大、川島、黒川、銀次、山崎、渡辺佳、村林、マーキ
【外野手】西川、辰己、田中和、岡島、島内、武藤、小郷

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る