FAQ

仙台市、リチウム電池週1回収集へ 家庭ごみ混入事故防ぐ

 仙台市は新年度、スマートフォンやデジタルカメラなどに使われる「リチウムイオン電池」の定日収集を開始する。現在は市内の回収拠点に持ち込んでもらう方式だが、家庭ごみに混ぜて排出され、電池から出火する事故が後を絶たないため、回収体制を強化する。

 市によると、対象はリチウムイオン電池を含む小型充電式電池(…

残り 470文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る