しょくば拝見>間伐 Forest Keepers Onagawa(女川町浦宿浜)

間伐や竹明かりなどの制作、展示を展開するメンバー

<木、竹切り出し有効活用>

 NPO法人ワーカーズコープ石巻事業所の林業部門として、持ち主の高齢化や後継者不足といった問題を抱える山林の整備に取り組む。デザインをあしらった竹筒に明かりをともす「竹明かり」や木工品の制作、販売も手掛ける。

 女川町が主な活動の場で、高齢の山主に代わり間伐を進める。リーダーの佐藤吉和さん(63)は「木は輸入材に押されて国産材が使われにくくなり、放置された山林は全国的に多い。山がきれいになると山主も喜んでくれる」と語る。切り出した木は石巻市のチップ製造会社に売却するほか、木工品の材料として生かしている。

 竹を有効活用しようと始めた竹明かりを、地域おこしにつなげたいと考える。JR女川駅前や石巻市の商業施設などで展示し、ワークショップも開催してきた。世界自閉症啓発デーに合わせて同市の石ノ森萬画館で開催中のライトアップにも参加。スタッフの渋谷孝徳さん(63)と中村修士さん(42)は「きれいと言ってもらえるとうれしい。竹明かりを見て心の癒やしにしてほしい」と声をそろえる。

 事務所と作業場は町内に構え、東日本大震災で被災した観光施設「マリンパル女川」の仮店舗だった建物を買い取った。今後は物販や木工制作、森林環境などを学べるスペースを備えた施設にする構想を描く。佐藤さんは「元々はドライブインだった建物。観光客が立ち寄って休憩し、地域住民が交流できる場にしたい」と意気込む。

■会社概要
 2018年に活動をスタートし、竹明かりは19年に始めた。スタッフは4人。東松島市では竹やぶ整備にも取り組む。ワーカーズコープは女川町や登米市など全国4カ所で森林整備などを展開している。女川町浦宿浜篠浜山2。連絡先はワーカーズコープ石巻事業所0225(24)6481。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら
石巻かほく メディア猫の目

「石巻かほく」は三陸河北新報社が石巻地方で発行する日刊紙です。古くから私たちの暮らしに寄り添ってきた猫のように愛らしく、高すぎず低すぎない目線を大切にします。

三陸河北新報社の会社概要や広告、休刊日などについては、こちらのサイトをご覧ください

企画特集

先頭に戻る