閉じる

「生理の貧困」問題 幅広い視点の取り組み必要 社説(4/18)

 新型コロナウイルス禍は、経済的理由などから生理用品の入手が困難な「生理の貧困」の問題を浮き彫りにした。そうした女性が一定の割合でいることは、厚生労働省が初めて実施した調査でも明らかになった。自治体などは生理用品を無償で配布する取り組みを進めているが、公的支援の情報にアクセスできていない現状も浮かび…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより