岩沼市長選 市民団体代表加藤氏出馬へ

岩沼市役所

 任期満了に伴う宮城県岩沼市長選(29日告示、6月5日投開票)で、同市の市民団体代表加藤博子氏(72)が無所属で立候補する意思を固めたことが20日分かった。

 加藤氏は取材に「現状では市民が非自民を選ぶことができない。出馬することで多様な選択肢を確保したい」と話した。

 加藤氏は仙台市出身、聖和学園高卒。いわぬま女性防災リーダーの会代表。2019年10月の県議選岩沼選挙区で落選した。

 市長選にはいずれも無所属新人で元県議の村上智行氏(53)、市議会議長の佐藤淳一氏(49)が出馬を表明している。

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る