「プロアスリートとしてスケート続ける」 羽生結弦選手、競技の一線退く意向表明

記者会見でプロ転向を表明した羽生結弦選手=19日午後5時ごろ、東京都港区内のホテル

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(27)=ANA、宮城・東北高出=は19日、東京都内で記者会見し、「プロのアスリートとしてスケートを続けていくことを決意した」と話し、第一線を退く意向を示した。

 「決意表明の場として」記者会見した羽生は「これからも自分のこと、自分の弱さ、過去の自分を見つめながらより一層頑張っていく。4回転半ジャンプにも挑戦していく。高いステージに行けるよう、理想を追いながら頑張る。羽生結弦の闘う姿を応援してほしい」とも話した。今後は五輪などの競技会には出場せず、アイスショー出演などプロとして活躍する。

 仙台市出身の羽生は4歳でスケートを始め、2011年の東日本大震災を乗り越え、14年ソチ五輪で同種目の日本勢初の金メダルに輝いた。17年11月に右足首靱帯(じんたい)損傷などの大けがを負ったが、18年平昌五輪では同種目で66年ぶりの2連覇を達成。冬季五輪の金メダリストで初めて、個人としては最年少23歳で国民栄誉賞を受賞した。

 20年に四大陸選手権で初優勝し、男子で初めてジュニア、シニアで五輪、世界選手権などの主要国際大会を全て制覇する快挙を成し遂げた。昨年12月の全日本選手権で2連覇して3度目の五輪代表となり、北京五輪のフリーでは前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦して転倒。3連覇を逃して4位に終わり、去就について「少し考えたい」「(競技会かアイスショーか)フィールドを問わない」と話していた。今年3月の世界選手権は右足首捻挫で欠場していた。

記者会見でプロ転向を表明した羽生結弦選手=19日午後5時ごろ、東京都港区内のホテル

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る