関電が風力発電断念、地元は「一安心」 宮城・山形 消えぬ不信感、後味の悪さ残す

 「信頼できない相手だった」「一安心した」。関西電力が宮城県川崎町の蔵王山麓に計画した風力発電事業は、景観や環境への悪影響を懸念する宮城、山形両県の強い反発で29日、撤退に追い込まれた。地元には計画断念を歓迎する声が広がる一方、計画の粗さや誠実な説明の欠如を背景に関電に募らせた不信感は消えず、後味の…

残り 776文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ