閉じる

最上川氾濫 2年前に続きまたも 一面の濁流に住民ぼうぜん

 3日午後から降り続いた豪雨の影響で、山形県内を流れる最上川が4日にかけて各地で氾濫し、住宅や田畑などが水に漬かった。県内では2020年7月にも水害が襲ったばかり。深刻な被害を受けた同県大江町と飯豊町の住民らは、地域を襲った一面の濁流を前にぼうぜんとした。

 大江町百目木(どめき)地区では午後7時ごろ…

残り 502文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより