閉じる

原子力政策の転換 立地地域、国策不信は消えぬ 社説(8/26)

 世界を震撼(しんかん)させた東京電力福島第1原発事故を契機に、「可能な限り原発依存度を低減させる」としてきた日本が原発の新増設にかじを切るとなれば、国策の大転換だ。

 国民的な議論もないまま、「国が前面に立つ」(岸田文雄首相)と原発回帰への意気込みを語ってみせても、それは独り善がりでしかない。

 既存…

残り 963文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより