閉じる

マスク生活、貼る芳香剤で快適に 仙台の会社社長が開発、特許取得

 新型コロナウイルス禍で長引くマスク生活を少しでも快適に過ごしてもらおうと、仙台市青葉区の会社社長松根寿さん(68)がマスクの内側に貼る芳香剤を開発した。商品の中に組み込まれた香りのカプセルを指でつぶすと匂いが広がり、おおむね24時間楽しめる「持ちの良さ」が特長。指を汚さない衛生的な構造や簡易な製法…

残り 714文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

新型コロナ関連

ライブカメラ