閉じる

エネルギーの「水素シフト」 福島で立地企業の動きに熱 膨大な調達コスト課題

 脱炭素の世界的潮流は勢いを増し、化石燃料に依存してきたものづくり産業は歴史的な転換点を迎えつつある。風力や太陽光といった再生可能エネルギーと並んで注目を集めるのが水素。いち早く水素社会の実現を目指す福島県で、エネルギーの「水素シフト」を模索する民間の動きが熱を帯び始めた。
(福島総局・横山勲、佐々木…

残り 1246文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ