閉じる

仙台・資福寺のマツ倒れる 樹齢100年以上、内部の腐敗進んだか

 13日午前7時ごろ、仙台市青葉区北山1丁目の資福寺で、高さ約10メートルのマツの木が倒れているのを住職渋谷芳円さん(51)の家族が発見した。

 マツは敷地北側の墓地にあり、高さ約3メートルの部分からほぼ直角に折れていた。樹齢約100年以上で、樹木医によると内部の腐敗が進んで倒れたとみられる。墓石への…

残り 129文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ