バーレル選手、絵馬に「Play Hard」 B1仙台が大崎八幡宮で必勝祈願

絵馬を掲げて記念撮影する仙台の選手とチームスタッフら

 バスケットボール男子、B1仙台は21日、仙台市青葉区の大崎八幡宮で、B2から昇格して6季ぶりにB1で戦う2022~23年シーズンの必勝祈願を行った。藤田弘輝監督や選手、球団スタッフら38人が参拝した。

 今季の主将を務めるジャスティン・バーレル選手は絵馬に「Play Hard」としたためた。「どんなチームに対してもハードに戦うことが大事。先を見過ぎずに、一日ずつ成長していきたい」と語った。

 藤田監督とバーレル選手らは県庁も訪れ、村井嘉浩知事に開幕への意気込みを語った。藤田監督は「B1のトップチームにかみつけるようなチームになっていきたい。優勝を目指し一丸となって戦う」と話した。

 仙台の開幕戦は10月1日。京都市体育館で京都と対戦する。ホーム開幕戦は同14日。仙台市太白区のゼビオアリーナ仙台で宇都宮と戦う。

河北新報のメルマガ登録はこちら

企画特集

先頭に戻る