FAQ

東北大とのゲノム共同研究に意欲 ノーベル医学生理学賞ペーボ氏、先月来仙

 ノーベル医学生理学賞に決まった独マックス・プランク進化人類学研究所のスバンテ・ぺーボ氏(67)は9月に仙台市を訪ね、東北大でのセミナーに参加。ゲノム解析で同大と共同研究する方向で検討していた。

 同大副学長の大隅典子医学系研究科教授(発生発達神経科学)は2013年に独ライプチヒのぺーボ氏の研究室を訪…

残り 311文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録
全ての写真を見る >

企画特集

先頭に戻る