閉じる

薬師堂周辺のにぎわい再び 地元20店、駅前広場で3年ぶりマルシェ

多くの買い物客らでにぎわったマルシェ=9日、仙台市若林区

 仙台市地下鉄東西線薬師堂駅(若林区)周辺の商店主らによる手作りイベント「カフェテラス&ボンマルシェ」が9日、3年ぶりに駅前広場であった。さまざまな店を見て回り、品定めする大勢の買い物客でにぎわった。

 薬師堂商興会(同)が主催し、加盟の約20店が自慢のコーヒーやパン、総菜などを販売した。マッサージやネイル、ハンドケアを体験できるブースもあった。

 駅近くの聖和学園高の生徒も販売や運営を手伝った。吹奏楽部などが演奏を披露して盛り上げた。

店と住民つながる

 マルシェは駅周辺の活性化を目指して2018年8月に月1回のイベントとして始まり、同年は10月まで、19年は4~10月に開催した。20年以降は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で見合わせていた。

 周辺のにぎわいを取り戻そうと、感染対策を徹底した上での復活を決めた。商興会の江刺賢次会長(67)は「加盟店と地域住民がつながれる一歩をまた踏み出せた。若い世代を巻き込み、親しまれるイベントにしたい」と意気込んだ。

 訪れた聖ドミニコ学院小5年河村優貴君(11)は「店がいろいろあって楽しい」と話した。出店した洋菓子店店主樋口竜一さん(46)は「地域の人々に知ってもらう機会になった」と手応えを語った。

 11月以降の予定は決まっていないが、商興会は来年も開催を検討している。

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ