FAQ

定禅寺通と稲荷小路を「ほこみち」に 歩道でマルシェ開催 仙台市、にぎわい創出へ

 仙台市は今月下旬、道路の占用許可を緩和し民間の創意工夫による魅力的な活用を促す国の「歩行者利便増進道路(通称・ほこみち)制度」に基づき、青葉区の定禅寺通と稲荷小路を対象に指定する。両エリアでは、歩道や車道の一部を活用してマルシェを開催するなど、新型コロナウイルスの影響で疲弊した市街地のにぎわい創出…

残り 436文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る