FAQ

老練の指揮 明朗な音描く 仙台フィルハーモニー管弦楽団第358回定期演奏会

 楽団職員を伴いステージにゆっくり歩を進める常任・飯守泰次郎の姿は、穏やかな笑みを浮かべ「好々爺(や)」という言葉がぴたりと当てはまる。しかし、指揮棒を手に台上から手兵を差配し独奏者と向き合うまなざしは、あくまで鋭く威厳に満ちている。

 2019年のミュンヘン国際音楽コンクール覇者として人気と実力を備…

残り 452文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

企画特集

先頭に戻る