閉じる

原告側「合区では不十分」「ブロック制必要」 1票の格差、仙台高裁初の「違憲」判決

 「いい判決。感謝している」。「1票の格差」が最大3・03倍だった7月の参院選について、仙台高裁(小林久起裁判長)が1日に示した違憲判断は、人口に比例した選挙を求めてきた原告らの主張をほぼ認める結果となった。3倍を超えた選挙区には宮城も入っており、原告団からは都道府県単位の選挙の限界を指摘する声が上…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ