FAQ

ジオパークの活用策考える 栗原で全国研修会 地滑り跡など見学

 全国のジオパーク関係者が地質遺産の保全や活用について理解を深める研修会が21~23日、栗原市の栗駒山麓ジオパークのビジターセンターなどであった。

 全国43地域の自治体職員や専門員ら約70人が参加した。2班に分かれ、岩手・宮城内陸地震(2008年)で発生した国内最大級の地滑り跡「荒砥沢地すべり」や、…

残り 209文字

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

仙台、宮城、東北の気になる話題を
圧倒的な情報量で!
今、河北新報IDに登録すると
すべての記事が読み放題です
(2023年1月17日まで)
今すぐ登録

関連タグ


企画特集

先頭に戻る