FAQ

「ドーハの歓喜」ドイツ破る大金星 仙台からも声援

日本が逆転勝利を決め喜ぶサポーター=24日午前0時ごろ、仙台市青葉区のクラック一番町店

 8強入りという「新しい景色」を目指すサムライブルーが強豪を撃破した。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で23日、日本代表は浅野拓磨(28)の勝ち越しゴールでドイツに2-1で勝利。ドーハの地につきまとう「悲劇」の言葉を「歓喜」に-。新型コロナウイルス禍でもパブリックビューイング(PV)での観戦は次第に再開。スタンドで、遠く離れた仙台でも凱歌(がいか)が響いた。

堂安が、浅野が…サポーターがハイタッチ

 日本代表が初戦のドイツに逆転勝ちした。仙台市中心部の飲食店などでは、サポーターらが大型画面越しに、価値ある勝利の喜びを分かち合った。

 青葉区の「アイリッシュパブ クラック一番町店」には、午後10時の試合開始前から約50人が集まった。ブルーの日本代表レプリカユニホーム姿のサポーターもおり、キックオフ前には「ニッポン」コールが湧き起こり、熱気に包まれた。

 前半33分にPKで先制されるとため息に包まれたが、日本代表に向けて絶え間なく声援が送られた。後半30分、堂安律(フライブルク)のゴールで追い付くと拍手と歓声。さらに同38分、浅野拓磨(ボーフム)が右足で決めて勝ち越し。「ウオーッ」という歓喜の声が店内に響き渡った。

 優勝経験のある強豪ドイツは最後まで猛攻を見せた。試合終了のホイッスルが鳴ると、サポーターたちはハイタッチで喜びを分かち合った。

 青葉区の大学生上原稜士さん(21)は「逆転勝ちは大きい。次も勢いと冷静さを持って戦ってほしい」と期待した。同区の看護師豊野安海さん(22)は「日本には(ドイツの)ブンデスリーガに所属する選手がいるので、奇跡が起きてほしいと思っていた」と大逆転劇に大喜びだった。

 同区の会社員金山基樹さん(28)は「後半に入って攻撃的になり、森保監督の采配が的中した。これでW杯が盛り上がり、日本も盛り上がってくれたらうれしい」と話した。

全ての写真を見る >

関連タグ


企画特集

先頭に戻る