閉じる

トヨタ東日本、ダイハツに学び「時短」開発 全面改良のシエンタ 試作と量産準備並行<Eスコープ>

 トヨタ自動車東日本(宮城県大衡村)は8月に全面改良した小型ミニバン「シエンタ」の開発で、同じトヨタ自動車グループのダイハツ工業が開発期間短縮のために取り入れている「号先(ごうせん)」を初めて導入した。量産開始前の試験的な車両造り「号試(ごうし)」を、先取りすることを意味する号先。提案した現場担当者…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ