閉じる

宮城県の「再エネ課税」構想 効果は? 県議会で論戦

 森林を開発して再生可能エネルギー発電施設を新設する事業者に対する県の「再エネ課税」構想を巡り、1日の県議会11月定例会一般質問では、目新しい角度から論戦が展開された。

 質問に立った渡辺勝幸氏(自民党・県民会議)は、再エネ施設の整備を投資の一環とみなす事業者が多いと指摘。「新税を経費に計上し、節税対…

残り 505文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ