閉じる

ベガルタ時代の番記者が見た日本代表森保監督 「信じ切るリーダー」の姿変わらず

 約20年前と変わらぬ真っすぐな視線が、カタールのピッチを見つめている。サッカー・ワールドカップ(W杯)で奮闘する日本代表を率いる森保一監督(54)。2002~03年、J2(当時はJ1)仙台で主将として現役最後のシーズンを戦った当時の言葉から、チームを信じ切るリーダーの姿が浮かんでくる。
(生活文化部…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ