閉じる

戦争の記憶 現代につなぐ 仙台出身・山野辺太郎さん 新刊「孤島の飛来人」

強制疎開の北硫黄島に風船で漂着

 六つの大きな風船にぶら下がったスーツ姿のサラリーマンが、横浜の夜空に飛び立ち、絶海の孤島に漂着する。仙台市出身の作家、山野辺太郎さん(47)の新刊「孤島の飛来人」(中央公論社)は、とぼけた風味の会社員小説の体裁を取りつつ、消えゆく戦争の記憶を現代につなぎ留めようという…

残り 1318文字

このコンテンツは有料です。申し込むと続きをお読みいただけます。

有料プランご契約で
すべてのコンテンツが読み放題‼
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ