閉じる

宮古市の防災教育施設名は「災害資料館」に 浸水の想定も立地場所は変更なし

 宮古市は7日、旧田老総合事務所跡地に計画する防災教育施設の仮称を「津波資料館」から「災害資料館」に変更すると市議会全員協議会で説明した。岩手県が公表した最大級の津波想定で建設地が浸水域に入ったことを明らかにした上で、場所は変更しない考えも示した。

 資料館は東日本大震災をはじめ明治三陸、昭和三陸と大…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ