閉じる

<東北の本棚>怪事件に挑むイケメン

悪い麗人 堀川アサコ 著

 昭和初期の帝都・東京。華族の子孫である黛望(まゆずみのぞみ)と、助手の牧野心太郎が、次々と降りかかる怪事件に挑む。探偵業を道楽と称し、スマートに謎解きにかかる黛に対し、成り金息子ながら泥臭く人間の悪行を追う心太郎。性格は対照的、しかしハンサムな顔立ちは共通であろうコンビが、…

残り 462文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

東北の本棚

「東北の本棚」は、地元にゆかりの深い著者の本、東北を舞台にした本などを紹介するコーナーです。小説、評論、ルポルタージュ、写真集、絵本など、さまざまな本を厳選して生活文化部の記者が紹介します。

ライブカメラ