閉じる

ハクビシン、森の中では有益です コガネムシがふんを埋めて発芽率アップ

 ハクビシンのふんをコガネムシが地中に隠すことで、種の発芽率が高まって森林生態系に好循環をもたらす仕組みを、山形大農学部の江成広斗教授(野生動物管理学)らが解明した。江成教授は「害獣の面が強調されるハクビシンだが、森では有益な存在。人とのすみ分けが重要だ」と指摘する。

山形大・江成広斗教授が解明「人と…

残り 689文字

このページは有料記事です。まずは無料でID登録を!

河北新報ID登録で
1日1本の有料記事が読める!!
今すぐ申し込む

関連リンク

関連タグ

河北新報のメルマガ登録はこちら

最新写真特集

ライブカメラ

みやぎ地域安全情報

宮城県警 みやぎセキュリティメールより