閉じる

岩手・不来方高生自殺 県教委、再発防止策策定に遅れ

 2018年7月に岩手県立不来方高(矢巾町)のバレーボール部3年新谷翼さん=当時(17)=が自殺した問題で、県教委は4日、着手する予定だった再発防止策「岩手モデル」の策定作業が遅れる見通しを明らかにした。自殺が起きた原因の事実関係の整理が進まなかったという。策定時期は改めて示す。

 弁護士や大学教授ら…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ