閉じる

震災伝承活動の在り方考える 福島・富岡でシンポ 世代超え担い手を育成

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から12年となるのを前に、今後の伝承活動の在り方を考えるシンポジウムが18日、福島県富岡町であった。福島での伝承人材育成の取り組みを通して、地域や世代、立場を超えた伝承の未来について意見交換した。

 ふたば未来学園中・高(福島県広野町)の南郷市兵副校長は、原発事…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

ライブカメラ