閉じる

高線量機器の取り出しに着手 福島第1原発3号機、使用済み核燃料プール内

 東京電力は7日、福島第1原発3号機原子炉建屋の使用済み核燃料プール内に残っている制御棒などの高線量機器の取り出しに着手した。事故を起こした1~4号機で初めての作業で、2025年度までに終える予定。

 3号機の使用済み燃料は21年2月までに取り出しを完了し、プールには放射線を出す制御棒31本や燃料カバ…

関連リンク

関連タグ

最新写真特集

原発事故・放射線」

復興再興

あの日から

復興の歩み

ライブカメラ